私たちは、未来を創る子どもたちの居場所作りや貧困問題に取り組み、子どもたちの「居場所作り」、「食の支援」、「学習機会の提供」を進め、子どもたちが少しでも安心して過ごせる場所を提供し、そして子どもたちの育成に役立ちたいと考えております。

活動予定

読み込み中... 読み込み中...

放課後kidsとは

3つ活動に取り組み、子どもたちの育成支援を行います。

 

子どもの居場所作り

共稼ぎ家族や、ひとり親世帯の大半は、学校から帰宅しても誰も居ない家庭です。
家に帰って一人で食事をし、悩みを相談する相手や、会話する相手が居ない環境は健康な精神の育成には良くない環境であるため、今感じている事や些細な出来事などを安心して話せる環境を作り出す事が必要だと考えます。

 

子どもの食の支援

食事は身体を作るのに大切な事です。
何よりも安心して食事をとる事が出来る場所が必要だと考えます。
また、様々な事情により、食事を作る余裕がないなど、親の心的負担を軽減する事ができ、親の心のゆとりを作り出します。
親の心のゆとりは子供にも良い影響を与える事が出来ると考えるため、無料または安価で食事をとる事が出来る場所が必要だと考えます。

 

子どもに学習の場を提供

学校の宿題や予習復習など、親が宿題を見て上げられる環境になく、様々な理由から学校以外で学習する機会がない子供たちに学習する場の提供をする事が必要だと考えます。
学習する習慣を付け、学力向上を図る事は、子供たちの未来の可能性を更に広げる事に役立つと考えます。

 

活動風景